海域  Area of Ocean

There used to be an ocean in front of my parents' house.
When I was a child, this ocean served as my playground and was thus connected to the memory of my youth.
However, the shoreline on which I once played later became reclaimed land and its outermost embankment is now all that remains.
Along with the ocean, the memory of my childhood may have also been reclaimed. 

Although I once considered that shoreline home, when I visit there now I feel lonely, as if I have never been there before.
I pressed the shutter release button and got this scene on film to remind myself of the burried memories of my youth. 
These photos are my precious treasures. And at the same time, they represent nothing more than my wrecked memories.

 

 

かつて私の実家のすぐ目前には、海が広がっていた。
遊び場などとして必然的に生活と密着しており、少年時代の記憶と密接に結びついている。
しかし現在ではその海は埋め立てられてしまい、役目を終えた堤防跡が僅かに残るばかりである。
おそらくあの頃の記憶の一端も、一緒に埋め立てられてしまったのだろう。
もはや見知らぬ土地を、一人で訪れたような孤独感さえ覚えてしまう。
コンクリートで塗り固められた海はもう戻らない。
しかし私の記憶の中に埋もれた海ならば、掘り起こすことができるのではないか。
私がよく知る海はもう何処にも存在しないのだから、微かな幻影を投影できるのなら、何処の海だっていい。
私は微かな記憶をフィルムに焼き付けるべくシャッターを切っていった。
これらの写真は私にとってかけがえのない宝であるとともに、記憶の残骸なのである。